白石公認会計士事務所

所長挨拶

所長挨拶
所長 白石健彦
当事務所は、私の祖父・白石健児が昭和40年に開業した事務所です。その後、私の父・白石正彦が継ぎ、平成29年に3代目となる私が所長となりました。公認会計士事務所として親子3代続く、福岡では唯一の事務所です。
当事務所は、法人、個人事業主、不動産オーナーの方に対する税務顧問と法人税・所得税及び消費税の申告書作成を主なサービス内容としていますが、相続税の相談や申告も数多く手がけております。
私は監査法人に14年間勤務してから当事務所に入所したのですが、入所してお客様にご挨拶に伺うと、「先代にはこういう指導をしてもらって、とてもありがたかった」という声を、本当にたくさんいただきました。
この体験から、会計事務所はお客様からとても頼りにされる存在であるということ、また、「会計事務所の役割は、納税者(お客様)の立場に立って、最善の方法を誠実に考えることだ」ということを心から感じました。
当事務所は、お客様の期待にこたえ、誠実に、一生懸命仕事をする文化を育みながら、50年の歴史を積み重ねることができました。
私は、事務所の伝統を大切にするとともに、監査法人でいくつもの大企業と関わってきた経験を生かして、お客様の成長と発展に貢献できる仕事をしていきたいと考えています。
当事務所は、博多駅地下街直結で、アクセスが大変便利なビルに入居しており、いつでもお気軽にお立ち寄りいただくことができます。
税務・会計にかかるご相談がありましたら、ぜひとも当事務所にお問い合わせください。
白石公認会計士事務所
所長 白石健彦
所長略歴
昭和53年生まれ。私立ラ・サール高校、東京大学法学部卒。大学卒業後、公認会計士試験に合格し、有限責任監査法人トーマツに入社。同監査法人にて、東京で10年間(平成14年~24年)、福岡で5年間(平成24年~28年)勤務。総合商社、製造業、鉄道業、サービス業、不動産業など様々な業種の大企業・中小企業を担当し、会計監査をはじめ、国際会計基準導入や新規上場などのコンサルティング業務に従事し、現場をリードする役割を担った。平成29年1月より白石公認会計士事務所に移り、同年3月より所長を務める。
2017 白石公認会計士事務所. All Rights Reserved.